西宮北口 骨盤のゆがみ

日常生活の癖を改善し、産後 骨盤矯正ダイエットを成功させよう
女性が太る原因の一つに出産があります。
なぜ出産を経験した女性は、太りやすい傾向にあるのでしょうか。
それは骨盤のゆがみです。
産後 骨盤矯正ダイエットを行わなかった女性は、出産で骨盤が歪んだまま、固まっていると考えられるので、それが原因で太りやすい体質を作っているのではというのです。
2キロから4キロ近くある胎児を安全に出産するのですから、骨盤は当然いびつな形に変形します。
逆に変形しなければ、スムーズな出産は難しいでしょう。
ただ、歪んだままの骨盤を産後も放置すると、さまざまな体調不良の原因となってしまい、産後太りもその一つなのです。
だからこそ、産後 骨盤矯正ダイエットは必要不可欠なのです。
出産以外にも骨盤のゆがみは、日常的に発生させる要因がありますので、産後 骨盤矯正ダイエットだけでなく、さまざまなダイエットをしてもまったく効果が得られないという場合は、日ごろの生活習慣を見直してみるといいでしょう。
例えば、いつも同じ姿勢で仕事をする環境にある場合や、同じほうの足を組む癖がある、長時間運転している、アヒルすわりをする、同じ歯を使って食事をするなどこれらの心当たりがある方は、日常的に、骨盤のゆがみを発生させていると考えられます。
産後 骨盤矯正ダイエットを行う前に、これらの行動を改善し、正しい姿勢による生活を心がけるようにしてください。
西宮北口 骨盤のゆがみなら、「活源堂~にしのみや骨盤整体院」にお任せください。

モバイルバージョンを終了