西宮北口 未病の症状

西宮北口 未病の症状

2015-11-07

未病とは、病気とまではいかなくとも、これから病気に向う傾向にある、軽度の症状がある、という状態をいいます。
ただし、ほとんどの場合、自覚症状がなく、あってもほんのわずかな症状です。
多くの方が感じている未病の症状には、手足の冷えや体の疲れ、胃腸の違和感や不調、などがあげられます。
またなんとなく体がだるく、やる気が起こらないのに、病院の検査でこれといった異常が確認できないのも未病の一般的な特徴です。
【あなたのその症状は未病?】
では、実際に自分が未病であるかをチェックしてみましょう。
以下の項目に心当たりがある方はもしかすると未病の可能性があります。
・手足の冷え
:胃腸が悪い、弱い、弱り気味
・体の冷えが原因で寝つきが悪い
・疲れが溜まり、改善されない
・寝起きが悪い
・食欲不振
・顔色の悪さを指摘される
私たちの体は、生理的活動のバランスを保ち、常に健康でいようとする働きがあります。
未病の改善には、血流を改善し、この体本来の力を高めることが大切なのです。
【未病を改善、予防する方法】
未病を未然に防ぐためには、これまでの生活習慣を改め、以下のポイントに注意しましょう。
毎日7時間の睡眠を確保すること。
仕事で帰宅が遅く、どうしても7時間しっかりとした睡眠が確保できない場合には、短時間でも質の良い眠りを得るため、寝具の見直しを行うようにしましょう。
次に暴飲暴食は避け、栄養バランスの良い食事を意識するようにしてください。
疲労を明日に持ち越さないよう、その日の疲れはその日のうちに解消しましょう。
疲労やストレスを解消する方法としては、適度な運動や入浴です。
運動をする時間がない人は、湯に浸かるだけでも疲労を取り除くことができます。
また代謝機能を活発にするためにも、水分を十分に摂取するようにしましょう。
未病を予防する方法でもっとも重要なのは、体が冷えないようにすることです。
冷えは万病のもと、といわれるように、さまざまな体調不良を引き起こします。
体が冷えてしまうと、自らの力でエネルギーを生み出すことができないばかりか、免疫機能を低下させてしまうため、内臓の機能が不十分となり、病気の初期、いわゆる未病という状態となる危険性が高まります。
【体のゆがみと未病の関係について】
東洋医学では、体の歪みを整えることが未病を治すもっとも有効なアプローチと考えています。
体がゆがんでしまうと、内臓や血管などが圧迫され、十分に機能せず、さまざまな不調を引き起こします。
また最も美しい背中のS字カーブが崩れることによって、それぞれの部位にかかる理想的な負荷が崩れ、首、腰、肩、背中など、各部位へのダメージが大きくなります。
体の歪みを改善する事は、未病を改善するにあたり、最も有効な方法となりますので、病院の検査でまったく異常が感じられないにも関わらず、どこかしら体調不良を感じている方は、整体や整骨などの東洋医学を視野に入れてみるのも一つの方法です。
西宮北口 未病の症状なら「活源堂~にしのみや骨盤整体院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 080-4029-4768

メールでのお問合せ

西宮 産後骨盤 ネット予約

「活源堂∼にしのみや骨盤整体院」へのお電話はこちら

住所 〒663-8204 兵庫県西宮市高松町10-22 アムール西宮北口202号室
電話番号 080-4029-4768
受付時間 8:00~12:00 13:00~21:00 (夜20時まで受付)
定休日 日曜日 (原則)
最寄駅 阪急西宮北口駅、東改札口より徒歩1分

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME