西宮市 側弯症は症状の早期発見と装具治療が必要

西宮市 側弯症は症状の早期発見と装具治療が必要

2013-09-05

西宮市 側弯症は症状の早期発見と装具治療が必要
脊柱側弯症というのは、脊柱が側方に曲がると共に、「ねじれ」も加わり脊椎が曲がった方向に回旋する病気です。
ですから、肋骨の一方が後ろにとびだし、前屈すると左右の高さに差が生じるのです。
また、回旋の程度に関しては一人ひとり違いがありますが、このねじれは心肺機能の低下を引き起こす可能性があります。
ですから、治療時には側わんだけでなく、回旋も元に戻す必要があります。
ただ脊柱側弯症の症状は、本人もあまり気づかないケースが多く、検診ではじめて脊柱の異常を知るようです。
そのため、現在のように学校での検診が開始されるまでは、ある程度症状が進行して自分や周囲が気づいて、受診・発見というケースが多かったのです。
また原因が分からない「特発性脊柱側弯症」が、診断技術の進歩した現在でも大部分を占めているのが現状です。
ただ早期発見と装具治療で、現在では手術をするケースは減少しています。
ですから、変形が起こリやすい乳幼児期(0~3歳)・学童期(4~9歳)・思春期(10歳以上)のお子さんの症状に注意してあげましょう。
西宮市 側弯症なら「にしのみや骨盤整体院 活源堂」にお任せ下さい。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 080-4029-4768

メールでのお問合せ

西宮 産後骨盤 ネット予約

「活源堂∼にしのみや骨盤整体院」へのお電話はこちら

住所 〒663-8204 兵庫県西宮市高松町10-22 アムール西宮北口202号室
電話番号 080-4029-4768
受付時間 8:00~12:00 13:00~21:00 (夜20時まで受付)
定休日 日曜日 (原則)
最寄駅 阪急西宮北口駅、東改札口より徒歩1分

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME