西宮北口 産前産後の不調

西宮北口 産前産後の不調

2017-02-17

産前産後の不調は早めに適切な対処を
お腹の中でスクスクと成長していく赤ちゃんに早く会いたいなど、妊娠中のお母さんは自分の体のことはそっちのけで、お腹の赤ちゃんの心配ばかりしています。
そんな気持ちで毎日がんばるプレママもがんばりすぎて背中・肩・腰などに痛みが起こってしまったり、足のむくみなどに悩まされたりしてしまうことも少なくありません。
また出産してすぐに赤ちゃんのお世話がスタートするもので、楽しい子育てであってもお母さんの体には大きな負担になっていることも多くケアをしてあげることも重要です。
かわいい我が子のお世話だからと張り切り過ぎると腰痛や肩こりに悩まされたり、むくみやシビレが起こったり体調不良になってしまうことも少なくないのです。
赤ちゃんの顔を見れば乗り切れると考えている方も少なくないですが、実際には子育てによる体や心に対する負担は想像以上なのです。
こうした産前産後の不調は病院を受診しても特に異常はないと言われてしまうことも少なくないもので、しかし体の痛みやだるさなどの不調があると不安や心配を拭えないものです。
原因が特定できない産前産後の不調は、女性ホルモンのリラキシンが大きく関与している可能性が考えられます。
このリラキシンは妊娠・出産時に分泌量が増えるもので、筋肉や靭帯を緩める働きがあって、分娩時に産道を赤ちゃんがスムーズに通り抜けられるようにするためのものです。
しかし、これにより関節が緩むと筋肉がいつも以上の力で体を支えないといけなくなるために、どうしても筋肉疲労を起こしやすくなるのです。
その結果、腰が痛い・だるいなどと言った様々な不調が起こってしまうのです。
また、出産が終わると開いた骨盤は徐々に本来の状態に戻るために閉じて行くのですが、赤ちゃん育児や毎日の家事などによって、開閉が上手くいかなかったり開いたままの状態になったりしてしまう場合があります。
特に、高齢出産や赤ちゃんが大きい場合に多くみられるもので、骨盤が本来の状態に戻らず開いたままになってしまうと、様々な悪影響が体に出てしまうのです。
出産後十分な休息が取れなかったり、仕事や家事が忙しかったりする女性は特に注意が必要です。
このように骨盤が左右対称でなくなってしまっていると、たくさんの不調が起こってしまうので、このような症状が発症しないようにするためにも、しっかりと骨盤をケアすることが大事です。
また骨格だけではなくて骨盤の底を支える骨盤底筋という筋肉も緩んだ状態で元に戻らない場合もあるので、骨盤の矯正と共に骨盤底筋の緩みも解消して引き締める必要があります。
ちなみに、骨盤底筋の緩みを解消しないと尿漏れなどのトラブルにつながります。
このように産前産後の不調の原因としては、ホルモンバランスの乱れと骨盤の歪み・筋肉の緩みが大きく影響しています。
そう考えると整体や整骨院で骨盤をはじめとする全身を整えることで、様々な不調を回避することも可能と言えます。
また整体や整骨院で施術を受けることにより、歪みにくい健康で引き締まった体を維持することもできるので、妊娠・出産に伴う不調がある時には受診してみるのも良いです。
西宮北口 産前産後の不調なら、「活源堂~にしのみや骨盤整体院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 080-4029-4768

メールでのお問合せ

西宮 産後骨盤 ネット予約

「活源堂∼にしのみや骨盤整体院」へのお電話はこちら

住所 〒663-8204 兵庫県西宮市高松町10-22 アムール西宮北口202号室
電話番号 080-4029-4768
受付時間 8:00~12:00 13:00~21:00 (夜20時まで受付)
定休日 日曜日 (原則)
最寄駅 阪急西宮北口駅、東改札口より徒歩1分

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME