西宮北口 筋肉のこり

西宮北口 筋肉のこり

2016-12-15

産後の首の痛みは肩や背中の筋肉のこりが影響している
出産すると体の回復もままならない状態で、赤ちゃんのお世話がスタートするために、ふと気付くと肩・腰・足など様々な部分に痛みが起こっていることもあります。
その中でも、特に首の痛みを産後に訴える方も多くいて、赤ちゃんの月齢が低いお母さんに多く見られる症状です。
どのような原因から起こるのでしょうか?
いくつかの原因が考えられますが、その1つ目は慣れない育児による筋肉疲労で、赤ちゃんの抱っこや授乳などにより肩や背中の筋肉に負担がかかっているのです。
この肩や背中の筋肉というのは首の筋肉とつながっているので、肩や背中のこりによって首も痛くなってしまうのです。
2つ目は出産した後の体の疲れで、赤ちゃんのお世話による睡眠不足や室内にいる時間が長いことによる血行不良で筋肉が固くなってしまいます。
また、慣れない育児により緊張したりストレスが溜まったりすると自然と体が固くなって、少しの負担がきっかけで首が痛くなってしまうのです。
3つ目は姿勢で、赤ちゃんのお世話では常に下向きの姿勢になりますし、慣れない育児で緊張することで全身に余計な力が入ってしまいます。
また、背中を丸める体勢になることも多くて無理な姿勢を長時間続けていると、どうしても腰や背中に負担がかかってしまいます。
このように全身の筋肉が緊張することや無理な姿勢を続けることは、肩・腰・背中の筋肉が凝ってしまう原因となり、首の筋肉に対しても負担となり痛みを引き起こしてしまうのです。
4つ目は骨盤の歪みで、出産により緩んだ骨盤は無理な姿勢を続けることで歪んで、それにより全身のバランスが崩れて首にも影響することになります。
このように産後の赤ちゃんとの生活により体には大きな負担がかかって、筋肉の少ない方にとっては筋肉への負担が大きくなり首の痛みを発生してしまうのです。
では、このような辛い症状は、どのように改善すれば良いのでしょうか?
まずは筋肉を休ませることで、赤ちゃんのお世話をする際には肩や腰に負担のかからないように工夫して、負担をかけないように意識して行くことです。
また首ではなくて肩や背中の筋肉をほぐしてあげることも必要で、首はできる限り動かさないで安静を維持することです。
2つ目は姿勢に注意することで、猫背にならないように意識すると共に、肩甲骨を引き寄せるようにし背筋を伸ばすようにすると良いです。
また便利グッズを使用して腕・肩・腰への負担を減らすことも検討すると良いです。
3つ目は骨盤を整えることで、上半身と下半身を支える要になる部分なので、筋肉を鍛えて骨盤を正しい位置に固定し筋肉のバランスを確保することです。
骨盤が正しい位置になれば自然と姿勢が良くなりますし、姿勢が良くなると筋肉に対する負担も少なくなって、腰や背中のコリの発生などを軽減することに繋がります。
骨盤を整えるためのグッズやセルフケアもあるので利用するのも良いですが、やはり整体や整骨院でプロによる矯正を受けるのが一番です。
西宮北口 筋肉のこりなら、「活源堂~にしのみや骨盤整体院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 080-4029-4768

メールでのお問合せ

西宮 産後骨盤 ネット予約

「活源堂∼にしのみや骨盤整体院」へのお電話はこちら

住所 〒663-8204 兵庫県西宮市高松町10-22 アムール西宮北口202号室
電話番号 080-4029-4768
受付時間 8:00~12:00 13:00~21:00 (夜20時まで受付)
定休日 日曜日 (原則)
最寄駅 阪急西宮北口駅、東改札口より徒歩1分

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME