西宮北口 自覚的耳鳴り

西宮北口 自覚的耳鳴り

2015-09-05

耳鳴りといっても、個々によって、症状が異なります。
自分の感じている耳鳴りの症状をよく理解し、それに適した治療を行うようにしましょう。
【耳鳴りの原因と症状】
命に直接関わるような耳鳴りは少ないと、言われているものの、その不快感は、精神状態を不安定にすることが多く、日常生活がまともに過ごせない方も少なくありません。
原因についても実にさまざまで、生理的に起こる耳鳴り、ストレスや病気が原因の耳鳴りなどが上げられます。
症状については、「自覚的耳鳴り」と「他覚的耳鳴り」の2つに分けて考えられます。
「自覚的耳鳴り」とは、周囲で大きな物音がしたり、その音源となるものがないにも関わらず自分だけに聞こえる音のことで、ほとんどの耳鳴りがこの症状にあてはまります。
原因については、聴覚経路の神経の異常で、ザーザーやキーキーなど低音や高音が聞こえるのが特徴です。
「他覚的耳鳴り」は自分以外の人間にも聞こえる音のことで、耳管と呼ばれ部分の筋肉の痙攣、粘膜の異常が原因となっているのがほとんどです。
そのほかの耳鳴りとしては、突発性難聴、無難聴性耳鳴り、急性の耳鳴り、慢性耳鳴りなどがあります。
【耳鳴りと自律神経との関係】
さまざまな病院で検査をしてもこれといった耳鳴りの原因が見つけられないケースもあります。
その場合、自律神経がもたらす耳鳴りである可能性が高いと考えられます。
自律神経とは、健康的な体を維持する上でもっとも重要な機能で、自分ではコントロールする事はできません。
例えば、暑いと感じると、体が自然と一定の体温を保てるよう反応したり、夜になると眠くなるなどの「健康のバランス」と保ってくれる神経です。
自律神経は交換神経と副交感神経の2つの神経のバランスで成り立っていますが、睡眠不足、ストレス、食生活の乱れ、などが原因で乱れてしまうと、健康のバランスを維持することができなくなります。
例えば、体は疲れているのに、眠くならない、寒いのに、体が温まらない、リラックスしたいのにリラックスできない、と状況です。
このように自律神経が乱れてしまうと本来聞こえないはずの音が聞こえてしまったり、音をきれいに捉えられない、など耳の音を感じ取る器官(内耳といいます)の働きに悪い影響をあたえてしまいます。
【自律神経を整えて耳鳴りを予防する】
ここでは、自律神経の乱れが原因の耳鳴りの対処法を紹介しましょう。
どこでもできる方法の一つに爪もみがあります。
爪の周辺には、自律神経に作用するツボがありますので、気づいたときに取り入れるようにしましょう。
ポイントは、爪の根元です。
爪の根元の部分を親指と人差し指を使って軽く指圧してください。
真上から20回、真横から20回を目安にかるく、圧をかけるといいでしょう。
ちなみに、難聴や耳鳴りにもっとも効果的な指は、中指と言われていますので、症状がひどいと感じる方は、中指を中心に爪もみを行ってください。
ストレス性の耳鳴りの場合は、小指が有効。
仕事や人間関係、その他のストレスを感じている、寝つきが悪い、という場合には、小指の爪もみもプラスしてください。
ただし、薬指は、交感神経を活発にする作用があるため、この場合の爪もみには適していませんので注意してください。
西宮北口 自覚的耳鳴りなら「活源堂~にしのみや骨盤整体院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 080-4029-4768

メールでのお問合せ

西宮 産後骨盤 ネット予約

「活源堂∼にしのみや骨盤整体院」へのお電話はこちら

住所 〒663-8204 兵庫県西宮市高松町10-22 アムール西宮北口202号室
電話番号 080-4029-4768
受付時間 8:00~12:00 13:00~21:00 (夜20時まで受付)
定休日 日曜日 (原則)
最寄駅 阪急西宮北口駅、東改札口より徒歩1分

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME